Megumi Sano

佐野 恵 

名古屋生まれ。 
    
桐朋学園女子高等学校音楽科、同学園大学音楽学部を経て、渡欧。

ベルギーのブリュッセル王立音楽院にて、ピアノ・ソロ部門と室内楽部門で、プルミエプリ・ ディプロムを得る。

その後、本拠地をドイツに移し、ケルン音楽大学を最優秀で卒業。さらに、ロンドンで、研鑚を積む。
松岡貞子、アンドレ・ドゥ・グローテ、パヴェル・ギリロフ、アンジー・エステルハージー各氏他に師事。

テヌート音楽コンクール(ベルギー)、セネガリア国際コンクール(イタリア)、
マリア・カナルス国際コンクール(スペイン)他での受賞歴を経て、1994年にコンツェルト・イグザーメンを取得。

1990年より2010年まで、ドイツのベルギッシュグラッドバッハ市立音楽院、
1994年より2004年まで、ボン市立カール・フォン・オシエツキー高等学校(ギュムナジウム)にて、ピアノのクラスを持って、後進の指導すると同時に、ベルギー、ドイツ、フランスの各地においてのリサイタル、オーケストラとの共演、また、日本では、1990年のデビュー以来、定期的に、リサイタル、オーケストラと共演。

その情緒あふれる演奏は、国内、海外で常に高く評価され、1997年の名古屋でのリサイタルが、“ ザ・コンサートホール・ アンコール’98”に、器楽部門105回の中から選
ばれる。
2000年のリサイタルが、平成12年度名古屋市民芸術祭賞を音楽部門にて受賞。
2000年12月、ドイツのアルス・プロダクションより、CD “アドルフ・イェンゼン、ピアノ作品集“(世界初録音)をリリース。 ”緻密なフレージングによって、心奥深きものを実感させることに達成“(フォノ・フォルム誌)と、好評を得る。
2005年、アルス・プロダクションより、CD第2弾、“アナトール・リアードフ、ピアノ作品集“ をリリース。ドイツ各地の新聞紙上で、好評を得る。

ソロ活動の他に、ポーランド人ソプラノ歌手、マルタ・シュミットMarta Schmidtとの“デュオ・メディマ duo medima“ を結成。ドイツ、フランス、  スペイン、ポーランド、  ロシアの歌曲(全て原語)を様々なテーマのプログラムで、演奏活動中。

2010年は、とりわけ、ロベルト・シューマン生誕200年を記念するコンサートで、ドイツのバーデン・バーデン、ウェルツェン、シュランゲンバーッド、ザスバッハヴァルデン他の各地でソロ・リサイタル、フレデリック・ショパン生誕200年を記念するコンサートでは、ドイツのバーデン・バーデン、カールスルーエ、エトリンゲン他の各地とポーランドのグダンスクで、 duo medima として、ショパンの歌曲とピアノソロ作品でデュオ・リサイタル。